既存顧客の分布を分析しリピーターや新規顧客の獲得戦略をたてたり、周辺地域の地域特性を踏まえてその地域に合わせたショップカードを作成する事ができます。

分析例1:顧客が少ない空白地区を見つけ出す

既存顧客の住所を地図上に表示することで、お客様が多く生活している地区や少ない地区が視覚化できます。
この結果を、国勢調査データ等で明らかにした人口等の地域特性の分析結果と組み合わせると、新規顧客獲得のポテンシャルが高い地区を見つけ出すことも可能になります。

ステップ1.顧客データを取り込む

顧客毎に住所等の位置を示す情報があれば、地図上に取り込み商圏分析に使用する事が可能です。
図のような感じで地図上にプロットします。性別や年齢、店舗の利用頻度によって色や形を変えると、集客戦略の検討に活用する際に便利です。

ステップ2.顧客の分布状況を確認する

顧客情報を地図上にプロットすると、店舗からどの程度離れたところから来店されているのか、方角によって傾向の違いがあるか、他の地区に比べて顧客が少ない地区があるか等の分析をする事ができます。
顧客が少ない地区については、競合店の存在や、店舗までのルートが分かりづらい等の要因分析をすることが可能になります。

(関連記事)実際にお客様が来店している範囲、実勢商圏を調べる

ステップ3.地域特性と組み合わせて分析する

国勢調査データ等で明らかにした人口等の地域特性の分析結果と組み合わせると、顧客になるポテンシャルが高い地区を見つけ出すことも可能になります。
例えば、国勢調査の結果ではターゲット層が多く生活している地区なのに既存顧客が少ない空白地区を見つけ出すことができます。
空白地区は、アプローチ次第では新規顧客獲得の可能性が高い地区と考えられます。

(関連記事)顧客浸透率を調べる3つの手順。強い商圏と弱い商圏を把握しよう

分析例2:地域特性を踏まえたPRツールを作成する

店舗の新規顧客層を獲得するためのPRツールを検討している店舗が、商圏分析から得られた結果をショップカード(来店カード)のデザインに反映する例を紹介します。

ステップ1.地域特性を把握する

国勢調査の結果などで、店舗周辺の地域特性を把握します。その結果から、年齢層や性別等を踏まえて新規ターゲットとする層を設定します。

ステップ2.ショップカード作成方針の決定

地域特性を踏まえて選定したターゲット層に好まれるカラーやデザインでショップカードを作成します。