新規店舗・フランチャイズ店出店検討にGISを活用して商圏分析を行う方法の紹介です。
出店候補地周辺の様々な国勢調査データを取りまとめ、それを都道府県全体の結果と比較して、候補地周辺の地域特性の傾向を分析することが可能です。
また、将来人口を推計することで、将来的な人口の変動を確認することができます。

分析例1:出店候補地の簡単な分析

出店候補地周辺の人口や就業者の産業構成、住宅の立て方等を集計することができます。

ステップ1.人口や世帯数等店舗のポテンシャルを確認する

国勢調査データを用いると、年齢層や世帯数、家族構成等を町丁字ごとに把握する事ができます。
出店候補地周辺の人口や世帯数を集計して、顧客獲得のポテンシャルを確認することができます。

ステップ2.集計結果を周辺市区や都道府県と比較する

都道府県全体など周辺地域と比較して出店候補地周辺の地域特性がどのような特徴があるのかの分析を行います。
人口ピラミッドやグラフ等を用いると地域特性の傾向をわかりやすく把握できます。

分析例2:将来人口の推計

出店前の分析では、人口が多く高立地だと判断したとしても、将来どんどん人口が減少していく地区であれば困ります。
商圏分析では、小地域(町丁字)毎の将来人口を推計して出店戦略に活用する事ができます。

ステップ1.未来人口データを活用した商圏分析

政府により公開されているデータを使用して、町丁字毎の将来人口を5年毎に2045年まで推計する事が可能です。

ステップ2.集計結果を日本全国の傾向等と比較する

将来人口の推計結果を都道府県や日本全国の結果と比較して、減少傾向が高い地域なのか、将来まで人口が維持される地域なのかの分析を行います。
人口ピラミッドや増減率のグラフ等を用いると、将来人口の傾向をわかりやすく把握できます。