住民の職業は「卸売業、小売業」が最も多い

想定されるシーン

・飲食店の集客促進のための検討をしている喫茶店。
・主な顧客層は、30歳前後の男性と高齢男性。
・店舗周辺に多く生活している住民の職業に合わせた営業時間の変更を検討している。
・チラシは店舗半径2kmの範囲に一律を配布していた。 

方針

・ 店舗周辺2km圏の年齢男女別の住民の職業を把握し、多く居住している層を確認する。
・その層の人口分布を地図上に示し、チラシ配布範囲を検討する。

調査結果

住民の職業は「卸売業、小売業」が最も多い

住民の職業は「卸売業、小売業」が最も多く、続いて「医療、福祉」となっており、この二つの職業の方が特に多く生活しているようだ。

小売業に従事している住民の分布

小売業に従事している住民は店舗から北西方向と南東方向に多く生活している地域が分布している。
西〜南西方向にはあまり多く生活していないようだ。

医療、福祉に従事している住民の分布

医療、福祉に従事している住民は店舗の西側と南側に特に多く生活している地域がある。
東方向にはあまり多く生活していないようだ。

期待される効果

・就業時間が夜間や早朝になるなど不規則な勤務形態であることが想定されるため、営業時間を長めに設定する等これらの層へ訴求する対策を検討する事ができる。
・新規顧客層があまり生活していない範囲と多く生活している範囲が明確になり、無駄が少なく効率的なチラシ配布をすることができる。  

使用したデータ

国勢調査「年齢(5歳階級、4区分)別、男女別人口」
国勢調査「産業(大分類)別及び従業上の地位別就業者数」
・OpenStreetMap