今回は、無償で公開されている地図の構成要素のGISデータである「基盤地図情報」からデータをダウンロードする方法を画像を用いて一つずつ解説いたします。

基盤地図情報とは

基盤地図情報とは、無償で公開されている地図の構成要素のGISデータです。
地図の構成要素とは、建物の形、道路や鉄道の形状、市町村の境界などです。
構成要素を全て用意すると地図が出来上がります。

このような地図の基本情報は以前も存在していましたが、自治体や国や民間の企業などが各々整備していました。
作成者が異なると、それぞれしっかりとした精度で作成されていたとしても作成環境の違いにより、小さな誤差が生じてしまいます。
そのため、そのような情報を重ねて使用しようとすると、微妙なズレが生じてしまう問題がありました。

このような状態を解決するために、地図の基本情報を作成する際の基準となる情報を整備することになりました。
それが「基盤地図情報」です。

現在、基盤地図情報の項目としては以下の13の項目が定められています。

基盤地図情報の13項目


出典:「基盤地図情報とは」(国土交通省国土地理院)

この13項目は地理空間情報活用推進基本法で規定されているとおり国土交通省令として定められています。
現在無償でダウンロードできるのは、13項目のうち「公共施設の境界線(道路区域界)」、「公共施設の境界線(河川区域会)」、「河川堤防の表法肩の法線」以外の10項目となっています。
これらの項目の中には、鉄道や道路の位置、建築物の形状など一般用途でも利用価値の高い項目も含まれています。

大きな縮尺での表示に適した詳細なデータで、都市計画区域では縮尺2500分の1相当、都市計画区域外では縮尺25,000分の1相当となっています。
地域の白地図や周辺の案内図、分析の背景などに活用することができます。

それでは、基盤地図情報をダウンロードする方法と、ダウンロードしたデータをQGISで表示する方法を解説します。

なお、基盤地図情報は平成19年に成立した地理空間情報活用推進基本法で規定され、国土交通省の特別機関である国土地理院が中心となって整備を行っています。

法律の中では基盤地図情報については以下のように説明されています。
「この法律において基盤地図情報とは、地理空間情報のうち、電子地図上における地理空間情報の位置を定めるための基準となる測量の基準点、海岸線、公共施設の境界線、行政区域その他の国土交通省令で定めるものの位置情報(国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。)であって電磁的方式により記録されたものを言う。」

基盤地図情報のデータの種類

まず、国土交通省国土地理院が作成している基盤地図情報サイトを開きます。
このページでは、基盤地図情報の説明地理空間情報活用推進基本法の説明基盤地図情報の利活用情報などのページも参照することができます。

今回は、データをダウンロードすることが目的であるので、表示されたページの上の方にある「基盤地図情報のダウンロード」をクリックします。

基盤地図情報のダウンロード

すると「基盤地図情報ダウンロードサービス」というページに移動します。
ここでは、ダウンロードするデータの項目を選択します。

ダウンロードできる項目は、「基本項目」、「数値標高モデル」、「ジオイド・モデル」の3種類となっています。
一般用途で主に利用するのは、「基本項目」です。上で説明した、基盤地図情報の10項目はこちらに含まれます。
その他、傾斜地図を作成する用途などに利用できる「数値標高モデル」、測量などの分野で利用される「ジオイド・モデル」がダウンロードできます。

この記事では、このうち「基本項目」を紹介します。

はじめに利用者登録をする

基盤地図情報のデータをダウンロードするには利用者登録が必要です。
住所、電話番号、メールアドレスを登録することになりますが、これにより国土地理院から連絡があったり、料金を請求されたり、広告メールが送られてくることはありません。

利用者登録の目的は、「利用者登録制により、利用者に向けた情報提供等のサポートを行ってまいりたいと考えております。」とされています。

出典:「利用者登録について」(国土交通省国土地理院)

「基盤地図情報のダウンロード」をクリックして表示されたページの後半にある「新規登録」をクリックし、利用者登録のページに移動しましょう。

新規登録

すると利用者登録規約のページが表示されます。
登録したデータの取り扱いについての説明が書かれていますので、目を通しておきましょう。

ページ下部の「上記内容に同意します」にチェックを入れ、「進む」をクリックします。

すると個人情報登録画面が表示されます。
「※」印の項目が必須項目です。
情報を入力していきましょう。
情報入力後は、登録を完了するための情報が記載されたメールが送られてくるので、普段使用しているメールアドレスを入力しましょう。

住所や電話番号を入力する欄がありますが、利用者登録に際して、郵便物が届いたり、電話がかかってきたりすることはありません。
審査などもないので誰でも登録することができます。

入力できたら、ページ下部の「登録確認へ」をクリックします。

内容確認のページが表示されますので、入力内容に問題がなければ、「登録する」をクリックします。

すると、入力したメールアドレス宛に利用者登録を完了するための情報が記載されたメールが送信されますので、受信したメールを確認してみましょう。

以下のような「仮登録受付メール(国土地理院)」というタイトルのメールが届きます。

仮登録受付メール

メール下部の「以下のURLを開いて本登録を行ってください。」という文章の下に記載されているURLをクリックすると、以下のようなページが表示され本登録が完了します。

登録処理実行

このページに記載されている通り、メールでログイン情報が送信されますので、再度受信したメールを確認してみましょう。

今度は、以下のような「本登録完了メール(国土地理院)」というメールが届きます。

本登録完了メール

メール下部の「ID,パスワードは以下の通りです。」という文章の下にログイン情報である、ログインIDとパスワード(PWD)が記載されています。

基盤地図情報のページでデータをダウンロードするためには、この二つの情報を使用し「ログイン」する必要があります。

ログインするには、先ほどのデータのダウンロードページ「基盤地図情報のダウンロード」に移動します。

ページ上部の「ログイン」をクリックします。

ログインの場所

すると「ログインIDとパスワードを入力してください。」というウインドウが表示されますので、本登録完了メールに記載されていたIDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

すると、アンケートへの回答を促されますので入力しましょう。
なお、入力内容により利用を拒否されたり連絡が来ることはありません。

アンケートに入力後、「次へ(アンケートの送信も自動で行います)」をクリックします。
すると元の画面に戻り、これでログイン完了です。ページ上部の先ほどまで「ログイン」と表示されているところが「ログアウト」と表示されています。
データのダウンロードが完了して、基盤地図情報のホームページの利用を終了する場合は、必要に応じて「ログアウト」をクリックしましょう。

これで利用者登録が完了し、データをダウンロードできるようになりました。
早速、基盤地図情報のデータをダウンロードするページに移動してみましょう。

基盤地図情報の基本項目のデータをダウンロードする

今回は基本項目のデータをダウンロードするので、「基盤地図情報 基本項目」欄の「ファイル選択へ」をクリックします。

基本項目のファイル選択

すると画面が変わり、たくさんの長方形に覆われた日本地図が表示されました。
そして、画面の左にはいくつかのチェックボックスがある設定パネルが表示されています。

設定パネルの場所

この設定パネルで、ダウンロードするデータの種類と範囲を選択します。

ダウンロードするデータの種類を選択する

まずは、ダウンロードするデータの種類を選択しましょう。
データの種類は、「検索条件指定」欄にあるチェックボックスで選択します。

最初は、「全項目」というチェックボックスにチェックが入っている状態です。
この状態では、基本項目の全10項目がダウンロードされる設定となっています。
全項目が必要であればこの状態のままでもよいですが、基盤地図情報のデータは詳細であるため、一度に大量にダウンロードするとサイズが大きくなってしまいます。
10項目の中には、マーケティング用途などでは利用しない項目、例えば「測量の基準点」なども含まれるため、必要なデータのみをダウンロードするようにしましょう。

ダウンロードするデータを選択するには次のようにします。
まず、「全項目」のチェックを外します。チェックを外すには、チェックボックスの上か、「全項目」という文字列の上にカーソルを合わせてクリックします。

すると、その下に選択できるデータの一覧が表示されます。

選択できるデータの一覧

この中から、ダウンロードしたいデータのチェックボックスにチェックを入れます。
チェックをいれるには、外すときと同様チェックボックスの上か、データ名の文字列の上にカーソルを合わせてクリックします。

今回は、「建築物の外周線」、「道路縁」、「軌道の中心線」をダウンロードしてみることにします。

この3つのデータにチェックを入れましょう。

なお、「建築物の外周線」は建築物の屋根の外周線の位置のデータ、「道路縁」は道路や歩道の位置のデータ、「軌道の中心線」は鉄道線路の中心線の位置のデータです。

これで、ダウンロードするデータの選択は完了です。

ダウンロードするデータの範囲を選択する

続いて、ダウンロードするデータの範囲を選択しましょう。
データをダウンロードする範囲は、「選択方法指定」欄にあるチェックボックスで選択します。

範囲を指定する方法は3つあり、「地図上で選択」、「都道府県または市区町村で選択」、「メッシュ番号で選択」から選ぶことができます。
それぞれの方法での、範囲指定の仕方を説明します。

選択方法指定の場所

なお、どの方法でも最終的には、メッシュという単位ごとに範囲を指定することになります。
メッシュとは何か?については後程説明いたします。

地図上から範囲を選択する

一番上の「地図上で選択」から説明します。
この方法では、右に表示されている地図を確認しながら、データが欲しい範囲を選択することができます。
データが欲しい範囲は、地図上に表示された長方形(メッシュ)を指定することで選択します。
実際にやってみましょう。

最初の状態では、4桁の数字が表示されたメッシュが地図の上に並んでいると思います。
地図をある程度拡大するとメッシュが分割され6桁の数字が表示された小さいメッシュに変わります。

地図を拡大するには地図上でマウスのホイールを回転させるか地図の右上のある「+」をクリックします。
ある程度拡大すると、地図上に表示されている長方形が分割され数字が6桁に変わります。

メッシュを指定するためには、メッシュ上の数字をクリックします。

データが欲しい範囲が含まれるメッシュを1つ選び、数字をクリックしてみましょう。
選択した数字が左下にある「選択リスト」欄のボックスに表示されるとメッシュの指定が成功です。

メッシュ番号がリストに追加された

続けて、他のメッシュを選択すると、そのメッシュ上の数字も選択リスト欄のボックスに追加されます。

また、地図を拡大する前に並んでいた大きなメッシュ単位で範囲を指定することもできます。その場合は、地図を縮小し、大きいメッシュが表示されている状態にして、メッシュ上に表示されている4桁の数字をクリックします。
すると、そのメッシュ内に含まれる小さいメッシュの6桁の番号が選択リスト欄のボックスに追加されます。

大きいメッシュ内には最大64個の小さいメッシュが含まれるので、選択リスト欄のボックスにも最大64個の数字が追加されます。

もし、間違えて不要なメッシュを選択リスト欄のボックスに追加してしまった場合は、ボックス内の不要なメッシュ番号の右側にある「削除」をクリックするか、地図上で該当するメッシュ上の数字を再度クリックすることでリストから削除できます。
もしくは、ボックスの左下の「全てを削除」をクリックすると、メッシュが一つも選択されていない最初の状態に戻ります。

今回は、データをダウンロードするメッシュをひとつだけ選択しましょう。
目当てのメッシュを選択できたら、「ダウンロードファイル確認へ」をクリックして次の画面に移動します。

(補足)メッシュとは?

ここで出てきた「メッシュ」は、基盤地図情報のデータ用に適当に分割されているのではなく、JIS規格(JIS X0410)に定められた分割ルールに則して分割されています。

そのため、規格通りに作成すると、だれでも、同じ位置に、同じ大きさのメッシュを作成することができるのです。

そして、全てのメッシュには、メッシュコードと呼ばれる番号が振られています。
これにより、メッシュ番号を指定すれば特定のメッシュを参照することができます。

また、メッシュは1種類ではなく、そのサイズが異なるいくつかのバリエーションが設定されています。
一番大きなサイズのメッシュが「1次メッシュ」、それを64等分にしたサイズが「2次メッシュ」、それをさらに100等分したものが「3次メッシュ」と呼ばれています。
1次メッシュには4桁のメッシュ番号、2次メッシュには6桁のメッシュ番号、3次メッシュには10桁のメッシュ番号が振られています。

基盤地図情報のデータをダウンロードする際、地図上に最初に表示されていた4桁数字が1次メッシュのメッシュ番号です。
さらに拡大すると、長方形が小さくなり、数字が6桁に変わりました。
この6桁の数字が2次メッシュのメッシュコードです。
最初の大きな長方形が1次メッシュ、拡大した時の小さな長方形が2次メッシュです。

なお、メッシュは緯度・経度を基準にして分割されています。
地図上の小さい長方形である2次メッシュは、経度7分30秒、緯度5分の間隔で分割されています。
大きさはおよそ10km×10kmですが、緯度経度を基準としているので地域によって面積は多少変化します。

メッシュについての詳細は、総務省統計局のコチラのページをご参照ください。

地名から範囲を選択する

続いて、「都道府県または市区町村で選択」を説明します。

「都道府県または市区町村で選択」という文字列の左にあるチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。
すると、ボックスが二つ表示されました。
もしチェックを入れることができなかったり、ボックスが表示されない場合は、下にある「選択リスト」欄のボックスの左下の「全てを削除」をクリックすると、チェックを入れられる状態に戻ります。

この方法では、市区町村名を指定して、データが欲しい範囲を選択することができます。
まず、左のボックス内の下矢印をクリックして、ドロップダウンリストを表示します。

都道府県一覧が表示されますので、データをダウンロードしたい市区町村が含まれる都道府県名を選択します。
すると、右のボックスに市区町村名が表示されます。

この中から目当ての市区町村を探し、その市町村名をクリックして選択します。
一つだけでなく複数の市区町村を選択することもできます。
その場合は、「CTRL」キーを押しながら、市区町村を選択していくと、複数を選択した状態になります。

目当ての市区町村を選択できたら、下にある「選択リストに追加」をクリックします。
メッシュの数字が下にある「選択リスト」欄のボックスに表示されると成功です。

選択した市区町村のメッシュ番号が表示された

選択した市区町村が含まれるメッシュが全て選択された状態となっており、「選択リスト」のボックスには、それら全てのメッシュ番号が表示されています。

今回は、データをダウンロードするメッシュをひとつだけ選択し、その他のメッシュは削除しましょう。
目当てのメッシュだけを選択できたら、「ダウンロードファイル確認へ」をクリックして次の画面に移動します。

メッシュ番号から範囲を選択する

最後に、「メッシュ番号で選択」を説明します。

「メッシュ番号で選択」という文字列の左にあるチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。
すると、ボックスが一つ表示されました。
もしチェックを入れることができなかったり、ボックスが表示されない場合は、下にある「選択リスト」欄のボックスの左下の「全てを削除」をクリックすると、チェックを入れられる状態に戻ります。

この方法では、メッシュの番号を直接入力して、範囲を選択します。
データを入手したい範囲のメッシュ番号が明らかになっている場合は、地図からメッシュを指定しなくても、この方法でメッシュを指定することが可能です。

指定する場合は、ボックスにメッシュ番号を入力して「選択リストに追加」をクリックします。
入力したメッシュ番号が「選択リスト」欄のボックスに表示されると成功です。

もし、1次メッシュの4桁のメッシュ番号を入力すると、その中に含まれる2次メッシュのメッシュ番号が「選択リスト」のボックスに表示されます。

今回は、データをダウンロードするメッシュをひとつだけ選択して、その他のメッシュは削除しましょう。
目当てのメッシュだけを選択できたら、「ダウンロードファイル確認へ」をクリックして次の画面に移動します。

データをダウンロードする

データの種類と範囲の指定ができたので、ダウンロードの手順に進みます。
「ダウンロードファイル確認へ」をクリックすると画面が変わり、ダウンロードファイルリストというページが表示されました。

ダウンロードファイルリスト

チェックボックスとファイル名が並んでおり、ダウンロードするファイルを選択できるようになっています。
前のページで選択した種類と範囲のデータが表示されているので、ここに表示されているデータは全てダウンロードします。
全てのファイルをダウンロードするには、全てのファイルのチェックボックスにチェックを入れていくか「全てをチェック」をクリックします。
「全てをチェック」をクリックすると、全てのファイルのチェックボックスにチェックが入るので便利です。

「全てをチェック」の場所

なお、この画面で表示されているファイルの数は、選んだデータとメッシュの数によって異なります。
今回は、3種類のデータを1つのメッシュ分だけ選んだので3つのファイルが表示されています。
データの数とメッシュの数が増えるとその分表示されるファイルの数も増加します。例えば、5種類のデータと2つのメッシュを選んでいれば、5×2で合計10個のファイルが表示されることになります。

※メッシュによっては、一部のデータが存在しないことがあります。例えば、内陸部のメッシュでは、海岸線などの海に関連するデータは存在しません。そのため、データを選択してもダウンロードリストに表示されません。

全てのチェックボックスにチェックが入ったら、「まとめてダウンロード」をクリックします。
すると、「場合によってはダウンロードに時間がかかること」をお知らせするウインドウが表示されますので「OK」をクリックします。

すると、データの保存先を指定するウインドウが表示されますので、わかりやすい場所に保存しましょう。
以下の例では、デスクトップに「基盤地図情報」というフォルダを作成してその中に保存しようとしています。

名前を付けて保存

データは「PackDLMap.zip」という一つのファイルにまとめられてダウンロードされます。
この中に選択したデータが全て含まれています。

もし、「まとめてダウンロード」をクリックした後にログイン画面が表示された場合は、ログインが上手くできていません。
表示された画面で、IDとパスワードを入力してログインを済ませましょう。
ここでも、アンケート画面が表示されますので、利用目的などを入力しログインを完了します。

ログインが完了すると、上で説明したようにデータの保存先を指定するウインドウが表示されます。
保存先を指定するとダウンロードが開始されます。

これで基盤地図情報(基本項目)のダウンロードは完了です。

まとめ

今回は、基盤地図情報のデータをダウンロードするところまでを解説しました。

基盤地図情報(基本項目)をQGISで表示する方法では、このデータをQGISで表示する方法として以下の内容を解説しています。

  • データをQGISに取り込む手順
  • GIS特有の概念である空間参照系の変換方法
  • 見やすい地図に仕上げるため取り込んだデータの表示方法を変更する

次回以降もよろしくお願いいたします。

使用したデータ

・基盤地図情報