投稿

【チラシ作成講座】ターゲットに見られる!伝わる!反響を出す!チラシを作るポイントまとめ

「チラシを見られる時間」というのはどんなに長くても1秒未満だといわれています。 一瞬見ただけで捨てられてしまうことなく「読んでみよう!」と判断されるチラシを作るには、一体どのようなことを意識すればよいのでしょうか?

ターゲット層の比率が多い地区を調べて、チラシの配布枚数を削減する。

GISを使用して、ターゲット層の比率を見える化することで、同じチラシの配布部数でも多くのターゲット層のもとへ届けることができるようになります。

チラシは配布する地区の優先順位を決めて集中的に撒きましょう。反響をあげるためのチラシの撒き方

チラシ1枚1枚に費用が発生します。 反響がある撒き方をして、費用対効果を上げましょう。 チラシ配布の鉄則は2つです。 配布する地区の優先順位を決めて、その地区に集中的に撒く。 不定期ではなく、繰り返し撒く。 効果的なチラシ配布にするための考え方を解説します。

顧客浸透率を調べる3つの手順。強い商圏と弱い商圏を把握しよう

顧客浸透率とは、想定顧客のうちどれだけの顧客を獲得できているかを示す数値です。 顧客浸透率を調べることで、商圏内で多くの顧客を獲得できている強い商圏と、あまり獲得できていない弱い商圏を把握できます。 商圏の強さに応じて戦略を変えることで効率的な販促活動を行えます。

顧客データを使って実勢商圏を調べる。実際にお客様が来店している範囲を把握しておこう

実勢商圏とは、実際に店舗に来店したお客様がいる範囲のことです。 実際にお客様がいる範囲を把握することで、リピーターを増やすための販促を仕掛ける地区を検討したり、新規顧客を獲得するための戦略を立てたりすることが効率的に実施できます。

新規入会者を獲得したい小中学生向け学習塾の販促エリア検討

指導内容についての評価が良い小中学生向け学習塾。 不定期に紹介などでの新規入会もあります。 しかし、最近近隣に競合店ができたことで全体的な新規の入会者数は減少してきています。 この度、進学・入学シーズンに向けて新規入会者を獲得するためチラシを配布することとしました。
持ち家率と世帯年収の間には強い関係

世帯年収が高い地区を推定する。2つのオープンデータを用いた算出の方法

高額商品の販促をする場合、高年収世帯が多い地区に重点的に仕掛けることで成功率が高くなる可能性があります。 公開されている統計調査結果を利用して町丁毎の世帯年収を推定する方法を紹介します。
40歳前後の女性が多く生活している

広告媒体を効果的に配布する:飲食店の新規ターゲット層を探す

・飲食店の集客促進のためチラシの配布を検討をしている喫茶店。 ・主な顧客層は、30歳前後の男性と高齢男性。 ・今までは店舗半径2kmの範囲に一律にチラシを配布していた。 ・店舗周辺に多く居住している人の特性を把握し、新規顧客層の開拓をしたい。
30歳前後の男性人口

広告媒体を効果的に配布する:飲食店のターゲット層が多く生活している範囲

・飲食店の集客促進のためチラシの配布を検討をしている喫茶店。 ・主な顧客層は、30歳前後の男性と高齢男性。 ・今までは店舗半径2kmの範囲に一律にチラシを配布していた。 ・ターゲット層の人口分布を確認し、多く住んでいる範囲に重点的に配布したい。