投稿

地域の将来人口を推計する。オープンデータを使用して人口の予測をする方法

オープンデータを使用して、あなたが営業している店舗周辺の将来人口を予測し、将来的な人口変動の傾向を確認することができます。 その地域の人口が将来増加するのか、年齢構成はどのように変わっていくのか、その地域の傾向を把握することが可能です。

ターゲット層の比率が多い地区を調べて、チラシの配布枚数を削減する。

GISを使用して、ターゲット層の比率を見える化することで、同じチラシの配布部数でも多くのターゲット層のもとへ届けることができるようになります。

障害者施設を開業しようとしている方向け。地域の競合状況を分析する方法

障害者福祉施設を開業したいと考えている方の役に立つGISの活用情報です。 開業を考えている地域の既存施設の情報を収集し、競合状況を分析する方法の紹介です。 競合する施設の分布と、推計した障害者数を地図上で重ね合わせ視覚化。 さらに、施設の定員情報も考慮して競合施設の充足値を計算します。

地域の障害者数を推計する。障害者施設開業に必要な視点

障害者福祉施設を開業する場合、利用者が通所するタイプの支援であれば、対象となる障害者の方が周辺に生活していないエリアで事業を開始しても継続していくことは難しいでしょう。 利用者が通所しやすいアクセス良好であることの他に、施設利用者となる可能性がある方が周辺に多く生活していることが大切です。

顧客浸透率を調べる3つの手順。強い商圏と弱い商圏を把握しよう

顧客浸透率とは、想定顧客のうちどれだけの顧客を獲得できているかを示す数値です。 顧客浸透率を調べることで、商圏内で多くの顧客を獲得できている強い商圏と、あまり獲得できていない弱い商圏を把握できます。 商圏の強さに応じて戦略を変えることで効率的な販促活動を行えます。

顧客データを使って実勢商圏を調べる。実際にお客様が来店している範囲を把握しておこう

実勢商圏とは、実際に店舗に来店したお客様がいる範囲のことです。 実際にお客様がいる範囲を把握することで、リピーターを増やすための販促を仕掛ける地区を検討したり、新規顧客を獲得するための戦略を立てたりすることが効率的に実施できます。

地域の患者数を推定する #豆アイデア #推定患者数 #傷病別患者数 #医療分野

傷病別の患者数や、外来と入院別の患者数を小地域(町丁字)毎に推計することはできるんでしょうか? 「国勢調査」の結果と、厚生労働省が公表している「患者調査」の結果を使用して推計することが可能です。…
アドレスマッチングのイメージ

アドレスマッチングサービスで手持ちの住所情報を変換し、地図上で分析する

アドレスマッチングとは、地図上の位置を示す情報を「住所」から「緯度経度など」に変換する方法です。 地図上の位置を示す方法は一つだけではありません。 日常生活では住所など人間に伝わりやすい言葉で位置を示します。 他に緯度経度や座標などの符号で示す方法もあります。 アドレスマッチングで住所情報を符号情報に変換することが可能になります。
要介護認定者の人口密度

要介護認定者数を推定する #豆アイデア #推定要介護認定者数 #介護分野

要介護認定者数や介護サービスの利用状況を推定する方法を紹介します。   一般に高齢者(65歳以上)の人口比率が14〜21%の社会は高齢社会、21%を超えると超高齢社会と呼ばれます。日本の人口は、急激に高齢化が進んでおり、平成27年の国勢調査結果において高齢率が23%に達し、超高齢社会となりました。 その後も高齢率は上昇し続けています。 内閣府が毎年公表している「高齢社会白書」によると、平成28年10月1日現在の65歳以上の高齢者人口は3459万人であり、総人口に占める割合(高齢化率)は27.3%となっています。…
持ち家率と世帯年収の間には強い関係

世帯年収が高い地区を推定する。2つのオープンデータを用いた算出の方法

高額商品の販促をする場合、高年収世帯が多い地区に重点的に仕掛けることで成功率が高くなる可能性があります。 公開されている統計調査結果を利用して町丁毎の世帯年収を推定する方法を紹介します。